日頃お世話になっている 愛しいモノ達の紹介と、ちょっとした工夫など…

[ HOME ]
MOLESKINE REPORTER(その2)
 (その1)にて、Wabyさんのご提案、「Reporterの横書き」。まさにこれが、「一番しっくり来る使い方」として紹介したかった書き方です(^-^)
reporter050718-4.jpg

む…写真が左右逆のような気がするけれども、まぁそれは見なかったことにしていただいて(^^;;)…
MOLESKINE POCKETと比べてみました。
1ページの面積は同じなのですが、開いたときに、かなりインパクトがあります。
reporter050718-6s.jpg

 この状態で使うには、「立ち書き」よりも、「机の上での使用」をお勧めします。
なぜならば。綴じ方が通常と同じであり、横幅に対して綴じ部分が短いため、ヘンな力を綴じ部分に加える事により、持ち方によっては、劣化が進むと考えられるからです。(←考えただけで、データは無し)
 横長のコンテンツといえば、「家計図」であるとか「進化図」「工程・日程表」「ボーリングのスコア」「あみだくじ(これはどっちでもいいか…(^^;;))」と、まぁいろいろ考え付きますね。
 これだけ横が長いと、左ページに書き付けている間、(右利きであれば)右手の下の部分が、ずっと右ページを擦ってしまい、手の脂やヨゴレなどで、書く前に左ページを汚してしまい、インクのノリを悪くしてしまう懸念があります。
reporter050718-5s.jpg

 そこで、左ページは「貼り付け」用…すなはち「参照用ネタを置く場所」と割り切ってしまうほうがベターかなぁと思いました。
 写真やレシート、プリクラ、雑誌の切り抜きなどを、左のページに貼り付け、コメントは右ページに…。 「貼り付けコンテンツ」って、横長のことが多いので、しっくりきそうな気がします。また、B5弱のペーパーの上半分を貼り付けて折っておくという手もあります。
 こうして、「左=貼る」の法則で運用していけば、「貼り付けページ裏面の段差問題」や、「ペンの裏写り問題」などに悩まされることが少なく、わりと綺麗にMOLESKINEを使い切ることが出来るのではないでしょうか。
reporter050718-5v.jpg

 無論、縦に使う場合も想定してみました。これも同様に、上が貼り付けページ、下がコメントページ。縦長のターゲットにピッタリで、なおかつ、視線の移動が楽という利点もあると思います。

 …などなど、実際の使用はまだ先になりそうですが、こうして「使い方をシミュレーションしてみる楽しみ」があるっていうのも、(MOLESKINEに限らず)文具の楽しみであるなぁ…と感じた次第でありました(^-^)
関連記事
にほんブログ村 ステーショナリー雑貨
2005/08/04 | MOLESKINE | COMMENT(12) | TB(1) | TOP↑
腕時計 三様 」 << [ HOME ] >> 「 MOLESKINE REPORTER(その1)
以前
ノートの右ページだけに書くよう学生を指導している
と Ohgaki さんが書いていらしたような気がします。 ←うろ覚え
左右 or 上下、分業させて使うのもいいかもしれませんね。
| 柊 | URL | 2005/08/04 03:53 | - EDIT
右だけ…
 ふむー。
 私の感覚として、(右利き前提ですが)「追記」というか、ネタ(情報)の更新方向は「左から右」なので、まず、はじめのネタを、左右(上下)どちらがわに設定するかといえば、左側なんです。
 もし、右側からノートをとるとしたら、左側には、既に何らかの情報が載っていてほしいし、右側にまずネタを書いて、左でそれを膨らます…というのは、ちょっとしんどいかなぁ…と。
 実は、この「まず右、そして左」方式は、無印良品文庫本ノート(某カテゴリのネタ専用)で、実践中なんですけれど、どーも使いにくくて、結局追加情報なんかも、ごちゃごちゃと右側ページに追記して、左側ページは空白&前のページの裏写りだけが、うっすら黒々と存在しているという状態(^^;;)
 ノートの書き方一つでも、なかなかどうして、いろんなやり方ありますねぇ。
| やまかつ | URL | 2005/08/04 04:15 | - EDIT
こちらですね
探し当てました。
http://andrew.d-pad.co.jp/BUNGU/COLUMN/03/1001.html
やっぱり左側は復習用のようです、うむー。
| やまかつ | URL | 2005/08/04 04:31 | - EDIT
おぉ!?
私、今はポケットサイズ(スクウェア)を文具購入表(レシートを貼って、何を購入したのか書き込む)に使っているのですよ。
これなら今のが無くなり次第、レポーターに移行しても使えそうだな~。。
あ~~、また購入する口実を作ってしまった(笑)
| とめ | URL | 2005/08/04 07:00 | - EDIT
わたしは
普段づかいのA4リングノートでは、
リング部分で折りたたんで、横向きにして書いています。
普通の見開きにすると、いくらリングノートとはいえ、
真ん中のリングが筆記のじゃまになるんです。
みなさん、つかいかたいろいろですね。(^^)
| ブンキチ | URL | 2005/08/04 08:13 | - EDIT
高校の授業で
理科の先生でしたが、「私の授業ではノートは右側しか書くな。」という先生がいました。「左側は復習用で使え。」と言っていましたが、いつも空白でした。(汗)

| Ketzer | URL | 2005/08/04 17:36 | - EDIT
いいかんじです
やまかつさんのオチを私が先に言ってしまいすみませんでした。
横にパッと開いた写真、イイ感じですねえ。
この写真に心動かされた人も多いのではないでしょうか。
| waby | URL | 2005/08/04 19:33 | - EDIT
大学の時
ひたすらノートを読み上げて、書き取らせる講義があったんで
リングが邪魔にならない右ページに書き取って
左ページに要点を書いてました。そうでもしないと本を読んでるみたいで。

普段の仕事にはバインダー(ルーズリーフ)を使ってるので
これも右ページスタート、片面で書ききれない時は裏に進みます。
片面で書ききれてしまった時は、裏面(=左ページ)は使いません。
| 柊 | URL | 2005/08/05 00:31 | - EDIT
非常に
参考になりました!
レポーターって“レポーター”という名前がついてるのに、
使い方のバリエーション範囲は決して狭いものではない…
とういことを改めて認識♪
頭カチカチだったな、私(苦笑)
| U凪 | URL | 2005/08/05 00:57 | - EDIT
縦のものを横とかやっぱり縦とか…
皆さんこんばんは(^-^)/。

とめさん:
 お!ジャストミートしましたか?
 もし使用開始されたら、是非ともレポートをお願いします~
 >購入する口実…
 某女神様の表現を借りるなら「MOLESKINEは増える!」ですね。(^-^)

ブンキチさん:
 >リングノート横向き
 あ、私もそうです。右手に当たるんですよねぇ…左ページを書いていると。
 実は、リングノートに関するコンテンツも準備中だったりします(^-^)

Ketzerさん:
 >いつも空白
 鉛筆(シャーペン)で書いたノートだと、右ページを使ったあとに左ページを使ったら、手も、右ページも真っ黒になっちゃいそうな予感。空白で残っちゃったのは、きっとノートが「黒くされたらいやん」というオーラを飛ばしていたに違いないですよ(←思い切った解釈(^^;;))

Wabyさん:
 いえいえ。もーどっからみても「この展開」なフリでしたから…。私の修行不足です(^^;;)
 >心動かされた人が多い
 だといいんですけど…。間違えて、ゴム付のページを左にもってこないよう、祈るのみです(^^;;;;)

柊さん:
 >読み上げ書き取り対応
 なるほど。そういう局面だと、「右先左後(←勝手に命名)」が有効なのかなぁ。
 >ルーズリーフ右ページ
 あ、これはわかるような気がします。実際私も、ルーズリーフを使うときは、「切り離してとりまわせるように」右ページからつかって、裏を埋めない場合があります。
 これとは逆に、糸綴じの場合は、「見開きで使いたい」モードに入るため、左ページから使い始めます。
 「ノートのとり方論」…いくつかMOLESKINEにネタを溜めているので、そのうちどどーんと発表しちゃいます(^-^)
#とはいえ、いつもどおりの「私、こないしてまんねん」レポートですが…。

U凪さん:
 あ、よかった(^-^)
 さぁ、これをキッカケに、Reporterの仲間入り、どうですか(←とかいいながら、まだ実運用してない私)
 最後にもう一度、「MOLESKINEは増える!」
| やまかつ | URL | 2005/08/05 02:06 | - EDIT
気が付きました。
サイトもブログも「左:写真/右:文」のパターン。
右がメインコンテンツの方が好きなのかもしれません。
| 柊 | URL | 2005/08/05 02:47 | - EDIT
自説ですが
 私も、サイトやBlogのデザインは、「自分にとって心地よいデザイン」になってしまいます。「さんてんり~だ」も写真が左、文字が右のパターン。(^-^)
 横書きの文字の場合は、左から右へ、右端まで行ったら下の段の左端へと、視線が動いていくのですけれども、右側に写真やイラストがあると、右端まで行った視線が、その写真などにつかまってしまい、次の段までに、ほんのわずかの思考ギャップが生じてしまうのではないかなぁ…。なんて思います。
 これが、写真が左側にあると、文章を追いかけて右端まで行った視線は、左の写真より「手前」にある、次の段の先頭文字に、アプローチできるので、ストレスが少ないと考えられます。
 ですから、文章を「つるつると読ませる・読む」ためには、(文章読解のための)思考の流れを止めないように・止めたくないので、左やら上やらに写真をおくのではないでしょうか。
| やまかつ | URL | 2005/08/05 03:53 | - EDIT







as private message..

[ あたらしく社会人になるひとへ - 備忘録 この春就職する君に送る5つの言葉 - tanabeebanatの日記 謙虚さを持ちなさいとか道徳的にいわれてもぴんとこない。 ”面白い仕事なんて無い”んなことないと思うんだけど。 でも、「メモをとりなさい」というハックは万人に通用す... ] サクラアンテナ! [ 2009/04/01 23:28 ]
[ HOME ]
[09] << 2019/10 >> [11]
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 07(1)   03(4)   02(2)   01(1)   12(2)   08(3)   07(2)   05(1)   03(2)   02(1)   01(3)   12(8)   11(4)   10(6)   09(4)   08(1)   07(1)   06(1)   05(2)   04(5)   03(8)   02(5)   01(4)   12(1)   10(1)   08(1)   07(1)   06(5)   05(6)   04(4)   03(4)   02(2)   01(3)   12(7)   11(6)   10(4)   09(2)   08(4)   07(3)   06(1)   05(2)   04(2)   03(3)   02(5)   01(5)   12(8)   11(6)   10(4)   09(3)   08(2)   07(4)   06(4)   05(1)   04(2)   03(1)   02(1)   01(4)   12(4)   11(5)   10(5)   09(7)   08(4)   07(4)   06(3)   05(5)   04(3)   03(1)   02(3)   01(3)   12(4)   11(1)   10(5)   09(2)   08(2)   07(6)   06(5)   05(6)   04(7)   03(7)   02(5)   01(6)   12(11)   11(13)   10(10)   09(5)   08(1)   07(1)   06(4)   05(6)   04(8)   03(6)   02(9)   01(7)   12(8)   11(5)   10(9)   09(8)   08(6)   07(8)   06(6)   05(4)   04(10)   03(10)   02(10)   01(10)   12(10)   11(10)   10(11)   09(10)   08(9)   07(6)   06(10)   05(11)   04(11)   03(13)   02(10)   01(10)   12(9)   11(9)   10(9)   09(13)   08(7)   07(7)   06(6)   05(8)   04(11)   03(10)   02(6)   01(7)   12(7)   11(12)   10(17)   09(13)   08(10)   07(14)   06(15)   05(17)   04(11)   03(10)   02(12)   01(12)   12(14)   11(19)   10(33)   09(3)   08(1)   07(2)   06(4)   05(13)   04(12)   03(14)   02(17)   01(24)   12(20)   11(15)   10(11)   09(12)   08(17)   07(17) 

やまかつ

  • Author:やまかつ
  • 文具が好きなフツーの会社員です(^-^)
    fc2で文具なBlogを始めてから10年が経ちました。不定期更新ですがよろしくお願いいたします~
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
2010.7.4よりcount(T-T)