無印良品 アルミポケット万年筆

4 1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Tiny Happy Daysさんで紹介されていたポケット万年筆を、最寄の無印にて発見しました。


● 無印良品 アルミ ポケット万年筆 ファイン ¥1,575 (カートリッジ1本つき)
 上にある黒いのは、噂のOHTOのTasche。折角なので並べて記念撮影。
● OHTO Tasche(タッシェ) ¥1,050 (FF-10T 細字)
 並べてみると、かなり近い血縁関係を感じます。(^-^)
形はほとんど一緒です。外見の違いといえば、(とても短い)「胴軸」部分の処理が異なる程度で、あとは質感の差ぐらいです。
0610a_mujiman03.jpg

 キャップを胴軸に挿したところですが、これまた同じ形です。Tascheのカラーバリエーションにはシルバーもあるのですが、これと無印万年筆とを筆記状態で並べてみたら、どちらがどちらかわからないような気がします。(^-^)
 持った感じ、少々Tascheが重いです。また、キャップを挿すときの「スッ」と入る感覚は、Tascheのほうが心地よいですねぇ。キャップをはずすときの感覚も同様。無印のは「アルミがこすれる感じ」が…(T-T)。
0610a_mujiman04.jpg

 ペン先を比べてみました。上がTache、下が無印。
0610a_mujiman05.jpg

 しばらくいじってみた感想は、「…なんか割高」(^^;)。
 確かに「ロゴ目立ちすぎ」なTascheよりも格好良いんですけれど、アルミ素材というのがどうも微妙で、いくら格好良い製品でも、なんだか安く感じてしまうのです。「軽さ=安さ」みたいな感覚。形は結構好きだし、クドくないあっさりした感じも良いのだけれど、やっぱり¥1,575という価格に、もやもやとしたひっかかりを感じてしまうわけなのです。
 うーん。プロダクトの「値ごろ感」て、難しいなぁ…(^^;)
関連記事
ページトップ