無印 (コットン)ペーパー カードと封筒

2 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「まさか」の旬のアイテム(?)です。


● 無印良品 コットンペーパー メッセージカード (55×91mm・35枚) ¥105
● 無印良品 コットンペーパー 封筒・横型 (カードサイズ・70×105mm・10枚) ¥126

 定番のアイテムだし、そのうち機会があれば紹介を…なんて呑気に考えていたら、販売中止だとか。
 古紙配合率の問題(「古紙配合率偽装」と呼ぶそうです)、いろんなところに波及しています。
 無印でも、自社の紙製品を調査していたらしいのですが、この製品の場合、配合率が云々ではなくて、そもそもコットンが入っていなかったそうです。

 ニュースリリースを読んで、なんだか釈然としないものを感じます。
 古紙配合率と、「入っているとうたっているものが入っていなかった」ということを、問題として一緒くたにしていい話なんだろうかと思うのです。
 例えとして適当かはアレなんですが、「肉まんの豚肉の量がすくない」と「そもそも肉まんのあんこが入っていない」とは、違うでしょ~と。または、レーズンパンのレーズンが少ないというのと、そもそもレーズンが入っていないという…(ええ、現在空きっ腹ですとも(T-T))

 とにかく、このカードに「しっかりせぇ!」と書いて、無印に贈りたい気分です。
0802a_muji_card02.jpg

 まぁ私の場合は、コットンが入っているから買ったわけではなくて、シンプルさと風合いが気に入って買ったので、普通に「紙製 メッセージカード」として、復活してほしいなぁと思います。

● リンク
無印良品 : 再生紙商品の古紙配合率表示等に関するお詫びとお知らせ
関連記事
ページトップ