無印アルミ丸軸万年筆とRotring コンバータ

5 0
 今回はショートなネタです(^-^)

 引き出しを整理していたところ、無印のアルミ丸軸用のカートリッジを発見。その勢いで久々に使い始めたのは3月初旬の事。
 買い置きのカートリッジを使い切る頃には、すばらしく滑らかな書き味へと、進化を遂げました。そうなると俄然別のインクで使いたくなるわけで…(^-^)
0904b_muji_fp01.jpg


● ロットリング コンバータ ¥525

 ワトソン君が持っているのがコンバータですね。ちなみに上記写真は、完全分解洗浄して乾燥中のヒトコマ。
 コンバータを装着すると、とても安い万年筆に見えないから不思議ですねぇ。カートリッジがヨーロッパタイプの短い物なのに対し、ロットリングのコンバータはちょい長なのですが、しっかりと押し込んでやれば、ちゃんと装着できます。
0904b_muji_fp02.jpg


 とりあえずは「最優先消費インク」であるモンブランのBBを入れてみました。思ったよりも、フローが渋くならず、つるつると書くことが出来ます。
0904b_muji_fp03.jpg


 筆記角や力加減を気にしなくても良いので、「落書き担当」として、しばらくはデスクトレーに駐在させておく予定です。…あ、でも書き方に変なクセがつきそうだなぁ…(^^;)

● リンク
  無印良品:アルミ丸軸万年筆 ファイン・黒インクカートリッジ1本付
以下、当Blogより
  3本ガリデブ (無印良品 アルミ丸軸 3種)
  3本ガリデブ (無印良品 アルミ丸軸 3種) 解答編
  無印良品 アルミ丸軸 三種(ボールペン・シャープペン・万年筆)
関連記事
ページトップ