日頃お世話になっている 愛しいモノ達の紹介と、ちょっとした工夫など…

[ HOME ]
[H&W Special]10月のカレンダー(1/7)
 ■ワトソン
 医者にして作家。そしてホームズの親友。
 2007年の夏のさなか、数々の妨害を受けつつ執筆していた小説を、ようやく書き終えてほっとしている昨今だとか…って、締め切り何年オーバーしたんだろ(^-^;;)

1111_handw00s.jpg


 最近めっきりご無沙汰している『ホームズ&ワトソンカテゴリ』のスペシャルバージョンとして、ワトソン君の書いた原稿を、7回連続で掲載します。
 文具系Blogとしての不安もあったりしますが、お楽しみいただければ幸いです。
 では…どうぞ。(^-^*)



10月のカレンダー [ The Calendar Collector ]
      ジョン・H・ワトソン



 10月も終わりに差し掛かると、秋風とは違った鋭い冷気が、少しずつ夜風や水辺に絵の具のように混じり込んで来る。暖炉に火を入れるにはまだ早いが、ふと明け方に目覚めた時の肌の粟立ちで、冬将軍の足音を感じるものだ。

 ここベーカー街221Bの窓からは、夕暮れに照らされた街路樹が見える。色づいた葉が力尽きたように2、3枚、はらりはらりと舞い落ちてゆくさまは、物悲しくも美しく、暖かい部屋と紅茶、そして傍らのすばらしい友人を贈りたもうた神に、感謝を捧げたくなる衝動にかられる。

 この年の夏から初秋にかけて、ホームズは多忙を極めた。「古いボール箱事件」、「開封されないインク壷事件」、「途中で途切れた手帳事件」それに「透明軸の万年筆事件」など、次から次へと事件が起こり、彼は駆り立てられた狐のようにロンドン中を走り回った。
 いくつかの事件には私も同行し、悲喜劇(もっとも悲劇の終幕前に、わがホームズが事件を解決したのであるが)を目の当たりにした。非常にセンセーショナルで忘れられない体験もしたが、詳細を語るにはまだ時が早いため、それらの事件にかかわる資料やノートは、「いつもの」トランクの奥底で、熟成に向かった眠りについている。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

 1888年の10月には、身辺の騒がしさもひと段落を迎え、ホームズと私は怠惰な日々に戻っていた。その日も、朝から一人の来客もなく、私はお気に入りの窓辺で紅茶をすすりながら、夕映えに照らされた街路樹を見つめ、ホームズはといえば、パイプ煙草をもうもうとふかしながら、ぼんやりと壁にかかったカレンダーを見つめていた。

 「ねえ、ワトソン君。」
 「何だい。ホームズ。」

 私は窓辺から、ホームズの向かいのソファに移動して、手にしたカップと皿をテーブルに置いた。

 「その印には、どんな意味があるんだい?」
 「ああ、その星印は僕が書いたんだ。燃えるごみの日だよ。最近は分別が厳しくて、決められた日に出さないと収集してくれないんだ。」
 「いいや、ワトソン君。毎週火曜日のことじゃなくって、この丸印のことだよ。」

 カレンダーを見ると、10月初めのある日付の側に、小さく青い丸が記されていた。私は額に手をあてて、記憶を探ってみたが、その日が何の日か思い出すことはできなかった。

 「何の日だったかな。」
 「おいおいワトソン君、老け込むには早すぎるぜ。君にとって、何か特別な日じゃないのかい?」
 「それが思い出せないんだ。ひょっとして君が書いたんじゃないか?」
 「僕にはカレンダーを見る習慣は無いんだよ。見もしないものに印をつけたりはしないだろう?」

 私は、自分がとても年老いた心地になった。なんとか思い出そうと、こめかみに力を入れても、断片的な記憶の波からは、その日のことも、日付に丸を書いたことも、何一つ救い上げることはできなかった。
 そんな私の姿を見て、冷酷なホームズがなおも一言、追い討ちをかけようとしたその時、ノックの音がした。


 急に思考を中断され、眩暈のような感覚を覚えながらドアを開けると、そこには品のいい小柄な中年男性が立っていた。
 「こんばんは。ホームズさん?」
男性は、手にした鍔広帽子をもみしだきながら、少し困ったような微笑で私を見上げた。
 「いいえ、わたしは同居人のワトソンです。ホームズは奥におりますが、どちら様ですか?」
 「ああ、いらっしゃいスイフトさん。どうぞこちらへ。」
来客はホームズの招きで、ほっとしたように私に会釈をして部屋に入った。私は取り残された気持ちのまま、来客のために道をあけた。
 「こちらはウルフギャング&ファビアン商会のスイフトさん。どうかお気になさらないでください、ワトソン君は僕の重要なパートナーで、今回のお話を一緒に聞かせていただきます。」
 「ああ!あなたが有名なワトソン博士でしたか。申し遅れました。私は文具店を経営しているスイフトと申します。本日お伺いしたのは…」
 「まあ、こちらにおかけください。すぐにハドソン婦人がお茶を持ってきてくれると思います。」
 小柄なスイフト氏の「有名なワトソン」という言葉で、少し救われた気持ちになった私は、来客のためにテーブルの皿とカップを片付けると、ホームズとともにソファに座った。

 依頼人は、何から切り出してよいのか迷っている様子だった。ホームズはポケットから小さなメッセージカードを取り出すと、私に手渡した。
 「今朝、君が留守中に、メッセージボーイがこれを届けてくれたんだ。」
 薄いクリーム色のカードには、美しい筆記体で「奇妙なお客様について、ご相談したい。18:30に伺います。 ウルフギャング&ファビアン商会 スイフト」と記されていた。

 私は目を上げ、スイフト氏の背後の壁を見た。スイフト氏は、私の視線を追い、壁に貼られたカレンダーを認めると、にっこりと笑った。
 「わが社の特製カレンダーをお買い上げいただきありがとうございます。毎年このカレンダーは良く売れるのですよ。」
 「ああ!思い出しました。W&F商会といえば文房具専門店でしたね。ピカデリー広場の本店にはよく行くのですよ。」
 「たしかワトソン君は、W&F商会の熱心なファンだったんじゃないか?」
 「うん。ロンドン中探しても、あそこほどセンスのいい品物がたくさんそろっている店は無いよ。僕よりももっと熱心なファンが沢山いて、オリジナル小物なんて、発売したはしからすぐに売切れてしまうんだ。」

 スイフト氏はかなり気を良くしたようで、にこにこと微笑んでいたが、急に顔を曇らせて口を開いた。
 「実はそのお客様のことで、ご相談があるのです。」
ホームズは椅子に浅く腰掛けると、両手を合わせて前かがみになった。
 「ハドソンさんが階段を上ってくる音が聞こえました。さぁ、美味しいお茶と一緒に、お話を承りましょう。」


(つづく)
[1]-[2]-[3]-[4]-[5]-[6]-[最終回]
関連記事
にほんブログ村 ステーショナリー雑貨
2011/11/16 | ホームズ&ワトソン | COMMENT(2) | TB(0) | TOP↑
[H&W Special]10月のカレンダー(2/7) 」 << [ HOME ] >> 「 NOTE & DIARY Style Book vol.6
おおっ
凄いですねぇ。
新潮文庫の翻訳文を読むような会話のスムーズさ。

このクオリティがあと6回続くんですね。
6回!
あと6回!
楽しみだなぁ、6回も!!
兄さんの事だから、オマケに1話付く事は間違いないっ!(断言)

と何気にプレッシャーを掛け捲っている訳ではないので。(本当か?(^_^;))

さあ、次回楽しみにしておりますぞ。
あ、そういえばホームズ初恋の人アドラーさん(チガウ)のスピンオフ?が出るらしいですよぉ~。

| manu | URL | 2011/11/16 12:47 | - EDIT
おおおっ!
> 新潮文庫の翻訳文を読むような会話のスムーズさ。

 さぁすが姐さん!ツボを解っていただいてもうそれだけで嬉しいです(^-^*)
 オマケの1話はさすがに長すぎるので、そこはまた別の形で…(なんだそりゃ)

> アドラーさん(チガウ)のスピンオフ?が出るらしいですよぉ~。
 あらまぁ…なんと。ホームズの息子とか彼女の話し(何故かアメリカ人(笑)らしい)なら盛ってますが、『彼女』となると、ちょっとアレですねぇ…例の皇太子との恋の駆け引きとかあるのかしら?謎ですねぇ
| やまかつ | URL | 2011/11/16 23:29 | - EDIT







as private message..

[ HOME ]
[02] << 2017/03 >> [03]
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 03(5)   02(5)   01(4)   12(1)   10(1)   08(1)   07(1)   06(5)   05(6)   04(4)   03(4)   02(2)   01(3)   12(7)   11(6)   10(4)   09(2)   08(4)   07(3)   06(1)   05(2)   04(2)   03(3)   02(5)   01(5)   12(8)   11(6)   10(4)   09(3)   08(2)   07(4)   06(4)   05(1)   04(2)   03(1)   02(1)   01(4)   12(4)   11(5)   10(5)   09(7)   08(4)   07(4)   06(3)   05(5)   04(3)   03(1)   02(3)   01(3)   12(4)   11(1)   10(5)   09(2)   08(2)   07(6)   06(5)   05(6)   04(7)   03(7)   02(5)   01(6)   12(11)   11(13)   10(10)   09(5)   08(1)   07(1)   06(4)   05(6)   04(8)   03(6)   02(9)   01(7)   12(8)   11(5)   10(9)   09(8)   08(6)   07(8)   06(6)   05(4)   04(10)   03(10)   02(10)   01(10)   12(10)   11(10)   10(11)   09(10)   08(9)   07(6)   06(10)   05(11)   04(11)   03(13)   02(10)   01(10)   12(9)   11(9)   10(9)   09(13)   08(7)   07(7)   06(6)   05(8)   04(11)   03(10)   02(6)   01(7)   12(7)   11(12)   10(17)   09(13)   08(10)   07(14)   06(15)   05(17)   04(11)   03(10)   02(12)   01(12)   12(14)   11(19)   10(33)   09(3)   08(1)   07(2)   06(4)   05(13)   04(12)   03(14)   02(17)   01(24)   12(20)   11(15)   10(11)   09(12)   08(17)   07(17) 

やまかつ

  • Author:やまかつ
  • 文具が好きなフツーの会社員です(^-^)
    fc2で文具なBlogを始めてから10年が経ちました。不定期更新ですがよろしくお願いいたします~
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
2010.7.4よりcount(T-T)