日頃お世話になっている 愛しいモノ達の紹介と、ちょっとした工夫など…

[ HOME ]
[H&W Special]10月のカレンダー(3/7)
[1]-[2]-[3]-[4]-[5]-[6]-[最終回]

 翌朝早く、頼まれた荷物を持って駅に行くと、小寒いホームでホームズが待っていた。こんなこともあろうかと、昨晩ハドソン婦人に作り置いてもらったサンドイッチと、ポットに入った熱い紅茶を、列車に揺られながら味わうことにした。

1111_handw06.jpg


 定刻どおりに発車した列車が、都心部から郊外に差し掛かった頃には、深い霧は晴れ、おだやかな朝の光が、我々のコンパートメントを照らした。

 「何かわかったかい?」
私が問いかけるより先に、ホームズが口を開いた。
 「え?君、なんのことだい?」
 「おやおや、もう忘れたのかい。昨日のカレンダーのしるしのことだよ。」
彼はからかうように私に問いかけると、サンドイッチを包んでいた紙で、指先をぬぐった。
 実際、ホームズに問われるまでは、あの印のことなどすっかり忘れていた。私はしばし考えをめぐらせて見たものの、やはり何も思い出すことは出来なかった。私は仕方なくホームズに白旗を揚げた。
 「駄目だ。何一つ思い出せないよ。それよりも、昨日の依頼に関しては大いに進展があったようだね。」
 「ああ、あのカレンダー愛好家氏が、何をやろうとしているかの見当はついたよ。レストレードにも、二三の調べ物を頼んであるんだけれど、まず、間違いない。」
 「今日の小旅行は、どういう意味があるんだね?」
私の問いかけに、ホームズはにやりと笑って、鳥打帽を深くかぶった。
 「それは君、着いてのお楽しみだよ。到着まで1時間ほど眠るとしようじゃないか。」
それ以上、ホームズは何も話す気はなさそうで、そのうち小さないびきをかき始めた。私は「カレンダー愛好家」氏が、何故今年のカレンダーを買い占めようとしているのか、また、ホームズが何にたどり着いたのかを考えているうちに、ゆっくりと眠りの淵に落ちていった。

 我々は、アルミニの一つ前のアルスター駅で下車した。ロンドンからは大分離れているが、意外にも駅前には数件の商店が立ち並び、また、若い人通りが多かった。ホームズによれば、この地にはいくつかの大学や寄宿制の学校があり、学術研究の田園都市として整備されているとのことだった。
 私が駅前で馬車を借りていた少しの間、ホームズは駅員をつかまえて、何やら尋ねていた。駅員は二つ三つうなづいたあと、懐から取り出した手帳を開きながら、壁にかかった時計を示した。どうやら彼は、帰りの列車の確認をしているらしかった。

 馬車に乗り込むと、ホームズは御者に「ヴェットシュタイン教授邸」と、行き先を告げた。
 「ヴェットシュタイン教授?」
 「ああ、有名な古生物学の教授だよ。何度か捜査に力を借りたこともあるんだ。」
 「古生物?。恐竜や三葉虫が、今回の事件に何か関係があるのかい?」
私の問いかけに、ホームズは薄い笑みを浮かべ、肩をすくめた。

 教授の屋敷は、駅から馬車で15分ほど離れた丘の上にある、年季の入った大きな二階建ての建物だった。屋敷の前で御者に「2時間後に迎えに来るように」と指示を出し、馬車を降りたホームズは、勝手知ったる様子で、すたすたと建物の裏手に周った。裏手には母屋に寄り添うように建てられた小屋があり、ホームズはためらう事無く、良く磨かれたオーク材のドアをノックした。

 返事とともに、扉を開けて出てきたのは、ホームズよりも一回り大きな黒人の大男だった。頬に大きな傷がある巨漢の黒人は、うさんくさそうに私を見下ろした後、ホームズに視線を向け、はっとした様子で静止した。ホームズは親しげに声をかけた。
 「やあ。ティポー。久しぶりだね。」
大男はホームズを見ると、その巨大な顔中をくしゃくしゃにして、ホームズの両手をつかみ、ぶんぶん振り回した。
 「ああ!ホームズさん!!お久しぶりです!!どうしてまた…ご連絡いただいたら、駅まで、いや、事務所までお迎えにあがりましたのに!!」
 「ありがとう。今日は教授に用があって来たんだ。しばらく会わない間に、ずいぶんと大きくなったねえ。」
 「はい。私も20歳になりましたから。」
巨漢は、ホームズの顔ぐらいある、隆々とした二の腕をもち、がっしりとした広い肩幅だったが、美しい黒い瞳には、まだあどけなさが残っていた。
 「さあ、すまないけれど、教授にホームズが来たことを伝えてくれないか?」
そう言われて、ぱっと顔を赤らめた巨人は、やっとホームズの両手を離し、「わかりました」と答えた。私の前を通って、母屋の勝手口に消えていくときに、彼がひどいびっこをひいていることに気がついた。

 「彼はおそろしい誘拐事件の被害者だったんだ。」
ティポーの後姿を見ながら、ホームズは話しはじめた。
 「事件当時、まだほんの子供だった彼は、その事件の所為で身寄りを全て亡くしたんだ。彼の父親は、有名な学者で、ヴェットシュタイン教授もその事件に巻き込まれてしまった。当時5歳だった彼が、犯人が放ったスマトラ虎の前に立ちはだかり、傷つけられながらも勇敢に振舞ったおかげで、教授の命が助かり、僕も彼が殺される前に駆けつけることが出来たんだよ。」
 「だから足をひきずっていたのだね。」
ホームズはうなずいた。
 「だけど君、足が悪くても彼を侮ってはいけないよ。5歳の少年ながら、彼は二つの拳だけで、大きな虎と対等に渡り合ったのだからね。
 事件以降、教授は彼のことを本当の息子のように思って、ともに暮らしている。ただ、彼は誘拐された時の心の傷が原因で、広いお屋敷の中で眠ることが出来ない。だからこうやって、離れに一人で住んでいるんだ。」
 「なるほど。君は事件以来、何度かここに?」
 「ああ。お迎えが来たようだ。その話はまた今度。」

 巨人ティポーに迎え入れられ、お屋敷の2階に上がった。長い廊下を歩き、建物の中ほどの部屋まで来ると、彼は「ホームズさんがお越しになりました」と告げ、ゆっくりと扉を開けた。
 部屋の中は、西に向いた広い窓を背に、どっしりした机と応接セットが並び、まるで校長室のようであった。机で何か書き物をしていた女性が、眼鏡をはずし、にこやかに我々に歩み寄ってきた。
 「お久しぶりです教授」
 「そうね、お久しぶり。こちらの方はワトソンさんね。お噂は聞いておりますわよ。」
そう言うと、校長先生然とした女性は、やわらかな笑みを口元に浮かべながら、握手のために手を伸ばした。
 「ラミー・ヴェットシュタインです。」

 ソファーに座り、ヴェットシュタイン教授に勧められたお茶を飲みながら、部屋を見渡すと、壁はびっしりと分厚い専門書が並んだ、つくりつけの本棚になっていることがわかった。そのうち一つの区画には、書籍が収められておらず、床に山のように積まれていた。
 古代のサメの歯について、ホームズと話し合っていた教授は、私の視線に気がつくと、天井を指差しながら、「雨漏りなんですよ」と言った。
 「二週間ほど前の嵐で、屋根が傷んでしまったようで、あちらこちら雨漏りがするようになってしまって。今日はお休みですけれど、先週からずっと修理をしてもらっているんですよ。」
 「他の部屋もなんですか?」
 そうホームズが聞くと、教授は小さくため息をついた。
 「ええ。二階の部屋はほとんど。今週はずっと専門の業者に屋根裏を修理してもらっていますわ。」
 「教授のコレクションに雨は禁物ですしね。」
 ホームズが言った。
 「コレクション?古生物の化石か何かですか?」
 私が訪ねると、教授は微笑みながら首をふった。
 「それもあるけど…。ホームズさん。今日のご用件は、そちらのほうかしら?」
 「実はそうなんです。ワトソン君、教授はすばらしい文房具のコレクションをお持ちなんだよ。特にカレンダーやスケジュール帳については、英国一の収集家なんだ。」
 それで合点がいった。ホームズは、例のカレンダー愛好家氏の事件の手がかりをつかむため、教授のコレクションの力を借りようとしているのだ。

(つづく)
[1]-[2]-[3]-[4]-[5]-[6]-[最終回]
関連記事
にほんブログ村 ステーショナリー雑貨
2011/11/18 | ホームズ&ワトソン | COMMENT(0) | TB(0) | TOP↑
[H&W Special]10月のカレンダー(4/7) 」 << [ HOME ] >> 「 [H&W Special]10月のカレンダー(2/7)







as private message..

[ HOME ]
[02] << 2017/03 >> [03]
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 03(7)   02(5)   01(4)   12(1)   10(1)   08(1)   07(1)   06(5)   05(6)   04(4)   03(4)   02(2)   01(3)   12(7)   11(6)   10(4)   09(2)   08(4)   07(3)   06(1)   05(2)   04(2)   03(3)   02(5)   01(5)   12(8)   11(6)   10(4)   09(3)   08(2)   07(4)   06(4)   05(1)   04(2)   03(1)   02(1)   01(4)   12(4)   11(5)   10(5)   09(7)   08(4)   07(4)   06(3)   05(5)   04(3)   03(1)   02(3)   01(3)   12(4)   11(1)   10(5)   09(2)   08(2)   07(6)   06(5)   05(6)   04(7)   03(7)   02(5)   01(6)   12(11)   11(13)   10(10)   09(5)   08(1)   07(1)   06(4)   05(6)   04(8)   03(6)   02(9)   01(7)   12(8)   11(5)   10(9)   09(8)   08(6)   07(8)   06(6)   05(4)   04(10)   03(10)   02(10)   01(10)   12(10)   11(10)   10(11)   09(10)   08(9)   07(6)   06(10)   05(11)   04(11)   03(13)   02(10)   01(10)   12(9)   11(9)   10(9)   09(13)   08(7)   07(7)   06(6)   05(8)   04(11)   03(10)   02(6)   01(7)   12(7)   11(12)   10(17)   09(13)   08(10)   07(14)   06(15)   05(17)   04(11)   03(10)   02(12)   01(12)   12(14)   11(19)   10(33)   09(3)   08(1)   07(2)   06(4)   05(13)   04(12)   03(14)   02(17)   01(24)   12(20)   11(15)   10(11)   09(12)   08(17)   07(17) 

やまかつ

  • Author:やまかつ
  • 文具が好きなフツーの会社員です(^-^)
    fc2で文具なBlogを始めてから10年が経ちました。不定期更新ですがよろしくお願いいたします~
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
2010.7.4よりcount(T-T)