日頃お世話になっている 愛しいモノ達の紹介と、ちょっとした工夫など…

[ HOME ]
[H&W Special]10月のカレンダー(5/7)
[1]-[2]-[3]-[4]-[5]-[6]-[最終回]


 教授の屋敷を出ると、丁度太陽が中天にさしかかる頃だった。ホームズは振り返り、屋敷の二階に並んでいる窓を見ていたが、そのうちこらえきれないように吹き出した。
 「ホームズ、どうしたんだい?」
 「…いや。さぞや大変だったろうなと思ってさ。」
 私は、彼の不誠実さに怒りを覚えた。親切な教授が眼鏡や手帳を無くした事を、何も笑うことは無いのではないか?。私が問い詰めようとすると、彼はひらりと身を返し、来た時同様、大またで建物の裏手に向かって歩き出した。
 私はあわてて彼の後を追った。

1111_handw04.jpg


 「ホームズ、いったい君は…」
 「ワトソン君、君は本当に解らないのかい?。もしかして両方とも?」
 ホームズは歩きながら、じれったそうに問いかけた。私は自分がとても馬鹿者になった気分になった。ホームズの言った意味が、全く理解出来なかったのだ。仕方なく、小声で問いかけた。
 「両方って何だい?」
 ホームズは無言のまま、歩調を緩めようともせず、すばらしい角度で植え込みの角を曲がり、ティポーの小屋の前に立った。小屋の側に、朝には無かった荷馬車が停まっていた。彼は無遠慮に荷馬車に詰まれた木材をぱしぱしと叩きながら、早口の小声こう言った。
 「あのねえワトソン君、今日は朝から君と僕は全く同じものを見ているんだよ。僕が見たものは全て君に渡したし、君が先に見つけたものだってあるんだ。全ての事を思い出して論理的に考えるんだ。君はセンチメンタルに物事を考えすぎるが、今必要なのは、小説家のセンチメンタリズムじゃない。観察結果を論理的に組み立てる思考なんだよ。」
 私は先生に叱られた生徒のようにしょげかえった。そんな私を見て、ホームズはため息をつくと、荷馬車から離れ、ティポーの小屋に歩み寄った。
 「今からしばらく、何を聞いても驚かないでくれたまえ。いいね。」
そう言うなり、彼はドアをノックした。

 返事があり、巨漢ティポーがドアを開けた。
 「ああ、ホームズさん。」
 「やあ、来客中かい?」
 ホームズは聞くなり小屋を覗き込んだ。気のいい巨漢は、ホームズが見やすいようにわきにどくと、小屋の中で図面を広げたテーブルを囲んだ数人の男達を示した。
 「屋根職人達ですよ。今日で作業が終わったので、修繕箇所の説明を受けていたんです。」
 遠慮がちに小屋を覗くと、中はこざっぱりとしており、奥の間に通じるドアには、W&F商会のカレンダーが貼ってあるのが見てとれた。そんな私の様子を横目で見ながら、ホームズは元気良く切り出した。
 「しばらく海外に行くつもりなんだけど、土産は何がいいかな。」
 ティポーは目を丸くした。
 「お土産ですか?どちらに?いつ発たれるんですか?」
 「ああ、今日の夕方、ボストンから船に乗って、北欧からロシアまで旅行する予定なんだ。半年ぐらいは戻ってこないんで、教授に挨拶に来たんだよ。」
 ティポーはうらやましそうな顔でホームズに握手を求めた。
 「ホームズさんが無事に戻って来られることが何よりです。先生へのお心遣いもありがとうございます。お帰りの際は、是非ともご連絡ください。先生と港にお迎えに上がりますから。」
 悪びれもせず、ホームズは手を握り返した。
 「君もしっかりと教授を守るんだぜ。ああ、馬車を待たせてあるんで、これで失礼するよ。じゃあまた。」

 屋敷の門を出ると、丁度良いタイミングで迎えの馬車が待っていた。馬車に乗り込むと、ホームズは帽子を取り、申し訳なさそうに言った。
 「ワトソン君、もし君が、北欧旅行を楽しみにしているんだったら心から謝るよ。」
 それを聞いて、私は吹き出した。
 「ホームズ、あれが嘘だっていくら僕でもわかるさ。北欧航路は火曜日と金曜日にしか出航しない。今日は月曜日。さっきから散々カレンダーを見ていたじゃないか。」
 ホームズはううむと唸った。
 「しまった。それは周知の事実かい?」
 「いや、違うと思う。ハドソンさんの甥が旅行するということで、昨日調べてあげたんだよ。今月に入ってから、ボストン港の運行予定ががらりと変わったらしいんだ。」
 名探偵はため息をついた。
 「そうかい。僕としたことが…。悪かったよ、ワトソン君。いくら論理的な思考を行っても、入手した素材自体が間違っていれば、全く意味をなさないね。」
 それだけ言うと、ホームズは窓の外をじっと見つめた。私は少しだけ気分が楽になった。


 列車でロンドンに戻ると、ホームズは「スコットランドヤードに寄る」と言い残して人ごみに消えた。私は午後のおだやかな日差しを浴びながら、ぶらぶらとベーカー街に向かった。
 何もかもが全く謎のままだった。あと3ヶ月しか使えないカレンダーをしこたま買い込んだ男、教授のコレクション、紛失した眼鏡と手帳、北欧旅行の嘘…それから…。断片的に浮かんでは消えるキーワードを論理的に繋げようとしても、何一つとして形にならなかった。
 ぼんやりとしているうちに、ベーカー街の我が家に到着してしまった。階段を上がり、ドアをあけ、私は深いため息をついた。そうだ、身近にして最大の謎、このカレンダーの印の謎さえ、全く解けていないではないか。


 夜遅くに、ホームズから電報が届いた。電報には「明日の夕刊を楽しみにしていたまえ。 S.H」とだけ記されてあった。どうやら彼は、私をおいてけぼりにして、このまま事件の核心に迫るつもりらしかった。


 ホームズは翌朝になっても戻って来なかった。
 彼の身に何かあったのかとやきもきしているうちに、ベーカー街は夕闇につつまれてしまった。落ち着き無く部屋を歩き回っていると、夕刊とホームズから届いた円筒形の荷物、それにメッセージカードを持って、ハドソン婦人が階下から上がってきた。気が急いていた私は、飛びつくように荷物を受け取り、先ずは二つ折りのメッセージカードを開いた。するとそこには一言、「観察せよ」とだけ記されていた。
 次に、円筒形の荷物を開封してみると、そこにはW&F商会の大型カレンダーがふたつ入っていた。わが友は、これを観察せよと言いたいらしい。私は、テーブルに二つのカレンダーを並べて、腕組みをした。


 「すまないワトソン。はじめは君も呼びよせるつもりだったのだけど…」
 翌日の午後、いつもの椅子にだらしなく腰掛けたホームズは、申し訳なさそうな台詞とはうらはらに、快活な口調で話しだした。私は劇的な終幕に立ち会えなかった鬱憤を、どう晴らそうかと彼の前に仁王立ちになっていた。
 「ひどいよホームズ。こんなことだと知っていたら、駅で別れずに一緒に行ったのに。」
 私は昨日の夕刊を乱暴に広げた。そこには大きな活字で"国際美術窃盗団 一網打尽!!"というセンセーショナルな見出しとともに、ロンドン近郊に居を構えた窃盗団の現行犯逮捕を記した記事と、得意気なレストレード警部の談話が掲載されていた。
 「実際、ここに君が居てくれたら助かったのにと、切実に感じた局面もあったんだ。かわいそうな犯人は、君が居なかったせいで、これから辛い人生を送る羽目になってしまったしね。」
 そんな慰めでは、このむしゃくしゃした気分は収まらなかった。私は向かいの椅子にどっかりと座り、指をぽきぽきと鳴らした。
 「話してくれたまえ、はじめから!!」

(つづく)
[1]-[2]-[3]-[4]-[5]-[6]-[最終回]
関連記事
にほんブログ村 ステーショナリー雑貨
2011/11/20 | ホームズ&ワトソン | COMMENT(0) | TB(0) | TOP↑
[H&W Special]10月のカレンダー(6/7) 」 << [ HOME ] >> 「 [H&W Special]10月のカレンダー(4/7)







as private message..

[ HOME ]
[07] << 2017/08 >> [09]
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 07(1)   06(1)   05(2)   04(5)   03(8)   02(5)   01(4)   12(1)   10(1)   08(1)   07(1)   06(5)   05(6)   04(4)   03(4)   02(2)   01(3)   12(7)   11(6)   10(4)   09(2)   08(4)   07(3)   06(1)   05(2)   04(2)   03(3)   02(5)   01(5)   12(8)   11(6)   10(4)   09(3)   08(2)   07(4)   06(4)   05(1)   04(2)   03(1)   02(1)   01(4)   12(4)   11(5)   10(5)   09(7)   08(4)   07(4)   06(3)   05(5)   04(3)   03(1)   02(3)   01(3)   12(4)   11(1)   10(5)   09(2)   08(2)   07(6)   06(5)   05(6)   04(7)   03(7)   02(5)   01(6)   12(11)   11(13)   10(10)   09(5)   08(1)   07(1)   06(4)   05(6)   04(8)   03(6)   02(9)   01(7)   12(8)   11(5)   10(9)   09(8)   08(6)   07(8)   06(6)   05(4)   04(10)   03(10)   02(10)   01(10)   12(10)   11(10)   10(11)   09(10)   08(9)   07(6)   06(10)   05(11)   04(11)   03(13)   02(10)   01(10)   12(9)   11(9)   10(9)   09(13)   08(7)   07(7)   06(6)   05(8)   04(11)   03(10)   02(6)   01(7)   12(7)   11(12)   10(17)   09(13)   08(10)   07(14)   06(15)   05(17)   04(11)   03(10)   02(12)   01(12)   12(14)   11(19)   10(33)   09(3)   08(1)   07(2)   06(4)   05(13)   04(12)   03(14)   02(17)   01(24)   12(20)   11(15)   10(11)   09(12)   08(17)   07(17) 

やまかつ

  • Author:やまかつ
  • 文具が好きなフツーの会社員です(^-^)
    fc2で文具なBlogを始めてから10年が経ちました。不定期更新ですがよろしくお願いいたします~
このブログをリンクに追加する
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
2010.7.4よりcount(T-T)